1. TOP
  2. 店舗スタッフと共に成長
  3. やんなきゃいけないけど、苦手な仕事の片付け方

やんなきゃいけないけど、苦手な仕事の片付け方

 2021/01/25 店舗スタッフと共に成長 飲食店主の実体験
この記事は約 4 分で読めます。 44 Views

おはようございます!

前向きな仲間が集まり集客スキルを得る
インパクトマーケティング実践会の
https://impactphotopmarketing.com/l/xx/
岩崎靖史です。

今日、手紙を出しに郵便局に行ってきました。
今月末までに市区町村へ
従業員への給与の支払い報告書を
提出しなければならないからです。

店に戻ると、
別件のレターパックが置いてあり、
「あ~今、郵便局行ってきたのに。。。」

幸いお店から郵便局までは
歩いて5分もかからない場所にあるので
もう一度、郵便局に行きました。

近いとはいえ、
2度手間です。

僕は2度手間がとにかく嫌いなので、

「スタッフに郵便局に行くけど、何かある?」って
聞いておけばよかった。

昨夜にしっかり確認にしておけばよかった。って

失敗したな~って

でも、その反面、
やることリストが1つずつ書かれた付箋を
また1つ捨てられたので、ちょっとスッキリ(*^^)v

やっている人も多いと思いますが、
自分のやることを1つずつ付箋に書いて
デスクの横やカレンダーなど
すぐ目につくところに貼っておき、

終わったら「イェ~イ!終了!」って
思いっきり捨てるんです!

あたなにも
好きな仕事もあれば
嫌いな仕事もありますよね?

でも、やんなきゃいけない。みたいな。
僕にとっての事務仕事ってことですね。

そんな時は
「イェ~イ」でも「コノヤロ~」でもいいんですが、
「やってやったぜ!」って気持ち込めた言葉を言って、

思いっきり、
振りかぶって、
声を出して、
捨てる。

すると、なんだかスッキリします(^^)

一応、やり始めは周りに人がいない時の方がいいですね。
「大丈夫?」
「頭、おかしくなった?」って
思われてしまうまもしれないので(笑)

まぁ、経営者も人間です。

調子がいい時もあれば、
調子がのらない時もあります。

ちょっとした事かも知れませんが、
こうやって自分の気持ちを
少しずつコントロールする癖や習慣を
持つのはいかがでしょうか?

調子が良い時って、
仕事もはかどりますよね。

あなたの仕事がはかどる事って
あなたのお店の経営にモロに直結すると思うんです。

あっていますよね?

売上や利益が増えるよう
新しく店内のPOP作って、

食べログなどのポータルサイトを
今の時期に合わせた言葉や内容に変更して、

今の時期に合わせた言葉や内容のチラシを作って配布し、
近隣の方に知ってもらい、思い出してもらう。

また既存の会員さんに
美味しそうな料理の写真を送ったり、
良かった出来事を伝え、
関わりを増やして繋がりを持つ。

だから、
お客様が笑顔で「来たよ―(^^)」って来店され、
客数や客単価が増えて、売上や利益が増える。

こう言った話を聞いたりして、
「よしやってみよう!」って
思えるのは、

意識の高いあなたくらいです。

他のスタッフさん達は当たり前ですが、
なかなか、そうは思ってくれません。

すでにスタッフさんがが活き活きと
目的意識を持って働いているのであれば、
本当に素晴らしいことです!

これからもっと良いお店になっていきます!

僕のお店は
「ちょっとそこまでは…」って所でしょうか。

でも、失敗もしながらも取り組み、
成果が出始めてきています。

やったから、わかったスタッフとの関わり方や、
自ら感じ、やる気を出してもらう。

そんな、あなたと等身大の経営者が伝える
従業員モチベーション向上セミナー

ぜひ、見てください。
https://impactphotopmarketing.com/l/muzs/

さらに、

売上や利益が増えるよう
店内POPスキルを身に付く、

「注文したい」とお願いされ、
客単価を上げるPOP作成術、

思わず笑っちゃう型を含む、
バカ売れPOP12のひな型を

今ならセットでニコニコ応援価格500円
https://impactphotopmarketing.com/l/muzs/

これからあなたの人生が
好転するきっかけになることを
応援しています!

インパクトマーケティング実践会
岩崎靖史

\ SNSでシェアしよう! /

集客写真アドバイザーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客写真アドバイザーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

岩崎靖史

岩崎靖史

・写真集客アドバイザー
・インパクトマーケティング実践会主宰

お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼きのお店を経営中。
駅から徒歩30分と、
恵まれた環境とは言えない中、
1店舗の経営にも関わらず、
年商5,500万円超え、
収入も3年で当初の3倍以上に。

その一方で
飲食店主・オーナーシェフの為の
コンサルティングも行い、
“短時間のセットアップで効果が出る方法”を伝えている。

今でもお店に立ちながらも、
飲食店のサポート活動を行っているのは、
今はもうない幼少期の頃に通っていた
お好み焼き屋さんのおばちゃんがとても優しくて、
よく声を掛けてもらっていたので今でも忘れられず、
「もし今もあのお好み焼き屋さんがあれば、友人を連れていったはず」と思っているから。

『末永く、その街の人々のお店であり続ける』

こういった事も個人店の役割のひとつと考え、
そういったお店をひとつでも残し、
増やす事が、

あのお好み焼き屋さんの
おばちゃんへの恩返しになるだろうと思う。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 続くコロナ禍にも、強いお店づくり

  • こんなにノウハウを公開してもいいんですか?

  • 値上げにより売上5倍、でも得たものはもっと大きい

関連記事

  • 作り笑顔の論理的思考

  • あなたも テイクアウトや通信販売を強化しませんか?

  • 客単価を上げるには選択基準を変える

  • 一言から理想に近づく

  • 【コロナ対策】小さな飲食店が生き抜く切り札?!超小型の急速冷凍機

  • 良いワガママ、悪いワガママ