1. TOP
  2. 儲かる成長戦略
  3. 週末はいいのに、平日が弱い…を解決する

週末はいいのに、平日が弱い…を解決する

 2020/07/20 儲かる成長戦略 繁盛店主の思考法
この記事は約 5 分で読めます。 10 Views

おはようございます。
インパクトマーケティング実践会の
岩崎靖史です。

 

明日は「土用の丑の日」ですね。
土用の丑の日と言えば「うなぎ」ですね。

 

うなぎ料理を扱っているなら、
うなぎ料理をアピールして
どんどん売りましょう。

 

売れるものを売る

 

商売の鉄則として

・売れる時に
・売れるものを
・とことん売る
というものがあります。

「ある程度お客さんが来るから…」と言って
アクセルを緩めず行えば、
ほか他の日も売上を伸ばすことができます。

 

 

ちょっと話が変わりますが、

草津温泉のV字回復をご存知でしょうか?

草津温泉と言えば、
「にっぽんの温泉100選」で
13年連続1位を獲得するなど、

温泉地の人気ランキングで
常にトップを争う群馬県にある
日本三名泉の1つです。

 

しかし、観光客数は
バブル期の300万人を頂点に
下降線をたどり、
第3セクターは赤字に転落。

2010年に町長に就任した黒岩氏が
草津温泉の名物であり、
街の中心にあった「湯畑」と
その湯畑の周りに
日帰り温泉施設や
イベント会場をつくり、

街の中心を改革したことで
新たな観光名所として注目が集まり、
観光客がどっと押し寄せた。

観光客はバブル期のように
300万人を超え、
そして、近隣の宿泊施設や飲食店はもちろん
郊外のペンションにまでその経済効果は波及した。

 

そこで、

立役者の黒岩氏の言葉を紹介します。

 

「観光振興ではしばしば『平準化を目指すべき』と言われますが、それはきれいごとですよ。

週末はいっぱいになるから平日に観光客を増やそうというのは理にかなっているようですが、ビジネスはそれほど甘くない。

 

草津のような小さな町の力では不可能です。

 

平準化を目指すのではなく、むしろ、観光客が集まる時期、集まる場所にとことん集めるべきというのが私の持論。

 

草津は湯畑中心でそこにお客さんが来るわけだから、そこに投資するべきです。

シャンパンタワーと同じで、最上段から注げばいずれ全体にいきわたるのです」

 

 

これは何も観光に限ったことではない

と、僕は思います。

「週末はいいんだけど、平日がちょっとね…」と
嘆いているなら、

お客さんが集まりやすい週末に
とことんお客さんに来てもらいましょう。

 

 

そして、
そこに来てくれたお客さんや
満席で入りきれなかった人に

 

平日がお得になるチケットや
連絡手段を得て、
お店に行きたくなるようなメッセージを送ることで

 

シャンパンタワーのように最上段のグラスから溢れ
徐々に下のグラスが満ちていくでしょう。

 

 

また、シャンパンタワーの最上段と言うのは、顧客で言えば、常連さんでもあります。

常連さんを増やせば、何度も利用してくれるので、延べ客数が増えますし、

その方たちが友人を連れてきたり紹介してくれれば、新規客も増えていきます。

 

つまり、顧客での最上段は、常連さんを増やすことです。

あなたは、常連さんを増やすための対策をしていますか?

 

 

先日、
お店の常連さんやファンになってもらう事をまとめたセミナーを

インパクトマーケティング実践会の会員さん向けに収録しました。

 

このセミナーを見ることで
1)常連さんになりやすいお客さんを増やし、
2)送るメッセージの反応率を上げ、
3)全体の底上げ
の効果が期待できます。

 

あなたもインパクトマーケティング実践会に参加して
このセミナーをスマホから今すぐご覧になって

お店に何度もリピートしてくれる
ファンを増やしていきませんか!?

実践会への入会は、こちらから参加できます
↓ ↓ ↓
https://impactphotopmarketing.com/l/mnmnm/

 

 

追伸
今なら初月お試しでワンコイン500円で実践会に参加できます。

セミナー動画を見ながら、
僕に相談して30万円くらいサクッと売り上げて、
初月で止めるのもありです(笑)

やれば売上が上がるやり方を詳しく解説しているので、
ぜひ、チャレンジしてみてくださいね(^ ^)

今なら、この収録動画もプレゼントしています。

 

これからあなたの人生が
好転するきっかけになることを
応援しています!

 

インパクトマーケティング実践会
岩崎靖史

\ SNSでシェアしよう! /

集客写真アドバイザーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客写真アドバイザーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

岩崎靖史

岩崎靖史

・写真集客アドバイザー
・インパクトマーケティング実践会主宰

お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼きのお店を経営中。
駅から徒歩30分と、
恵まれた環境とは言えない中、
1店舗の経営にも関わらず、
年商5,500万円超え、
収入も3年で当初の3倍以上に。

その一方で
飲食店主・オーナーシェフの為の
コンサルティングも行い、
“短時間のセットアップで効果が出る方法”を伝えている。

今でもお店に立ちながらも、
飲食店のサポート活動を行っているのは、
今はもうない幼少期の頃に通っていた
お好み焼き屋さんのおばちゃんがとても優しくて、
よく声を掛けてもらっていたので今でも忘れられず、
「もし今もあのお好み焼き屋さんがあれば、友人を連れていったはず」と思っているから。

『末永く、その街の人々のお店であり続ける』

こういった事も個人店の役割のひとつと考え、
そういったお店をひとつでも残し、
増やす事が、

あのお好み焼き屋さんの
おばちゃんへの恩返しになるだろうと思う。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 間違いやすい会員の集め方

  • 間違いやすい会員の集め方

  • 週末はいいのに、平日が弱い…を解決する

  • 飲食店がGoToキャンペーンを活用するには

関連記事

  • 費用0→86万円の売上!なぜ、やらないの?

  • 利益と時間の増やし方

  • ウーバーイーツ(Uber Eats)価格マジックでプロモーション活用

  • 来年4月1日から全席禁煙って・・・マジかよ

  • 集客するならお店の情報の扱い方を

  • 店頭に「テイクアウト」張り紙が氾濫!どう差別化する?