1. TOP
  2. 繁盛・増益 事例集
  3. ウーバーイーツ(Uber Eats)売上が1つの機能で10%アップ

ウーバーイーツ(Uber Eats)売上が1つの機能で10%アップ

繁盛・増益 事例集
この記事は約 4 分で読めます。 213 Views

おはようございます。
インパクトマーケティング実践会の
岩崎靖史です。

 

前回の、逆父の日の話で
「今までおざなりにしていた…」
「今の妻の表情はどんな表情ですか?の問いにドキッとしました」
「今の私は、まるで昔の岩崎さんです」
などとメールをもらいました。

 

コメントをくださった方、
ありがとうございます。

お互い頑張りどころですね(^O^)/

前回の内容はコチラからご覧いただけます。
https://impactphotopmarketing.com/?p=465

 

ポイントは
話の際のリアクションを大きくすると
相手の反応も良くなります。

 

「聞いている」って
感じてくれやすいんですね。

たとえ、話を聞いていても
リアクションが小さくて
「ね~聞いてんの?」と思われちゃ、

相手にとって「聞いてない」と同じなんで。

 

 

集客も似ていて、
例えば、うちのお店では
ウーバーイーツを活用しているのですが、

 

非常事態宣言でウーバーイーツへの
新規参入が増えてどんどんアプリ内での
店舗数が増えてきました。

 

アプリ内での店舗数が増えるということは

イコール

自分のお店が埋もれていき、
利用者の目にとまりにくくなる

という事が、起こってきます。

 

 

それを予想し、
事前に対策をしました。

それは、
ウーバーイーツ内の
プロモーション機能を使い、
ある商品を半額にしたところ、

2週間で10%も売上がアップしました!

 

 

ウーバーイーツに登録したからって
どんどん注文が入るってわけでもありません。
※利用者が多いので、入りやすいってことはあります

 

先ほどの
たとえ、話を聞いていても
リアクションが小さくて
「ね~聞いてんの?」と思われちゃ、
相手にとって「聞いてない」と同じなんで。の話のように

 

ウーバーイーツのアプリ内でも
アクションがなくて
「お店が見当たらない」と思われちゃ
相手にとって「お店がない」と同じなんで。

 

 

ではなぜ、
プロモーション機能を使うと良いのか?というと、

 

プロモーション機能を使っているお店が
アプリ内で上位表示されるから

 

要は利用者の目に付きやすい

 

はい。
単純ですね。

 

でも、ウーバーイーツのアプリを見ればわかるのですが、
店舗がズラーっと出る一覧のページでは
各店舗の情報が極めて少ないので、

 

単純ではありますが、
”利用者の目に付きやすい”という事で
効果が出るのですね。

 

最近、注文が減ってきたと感じているなら
一度プロモーション機能を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

次では
利益を落とさないように
プロモーション機能を活用するには
どうすればよいか?ってところを
書こうと思っています。

 

 

小さな飲食店をサポートし、
集客と利益アップを学ぶ会員制グループ
インパクトマーケティング実践会

新型コロナとの共存の中、
コチラからお客様にアピールしなければ
売上は伸びません。

6月中の体験申し込みの方には
インパクトチラシ集客セミナー動画を
プレゼント!

 

コチラをクリックしてください。
http://impactphotopmarketing.com/l/mnmnmn/

 

これからあなたの人生が
好転するきっかけになることを
応援しています!

 

インパクトマーケティング実践会
岩崎靖史

\ SNSでシェアしよう! /

集客写真アドバイザーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客写真アドバイザーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

岩崎靖史

岩崎靖史

・写真集客アドバイザー
・インパクトマーケティング実践会主宰

お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼きのお店を経営中。
駅から徒歩30分と、
恵まれた環境とは言えない中、
1店舗の経営にも関わらず、
年商5,500万円超え、
収入も3年で当初の3倍以上に。

その一方で
飲食店主・オーナーシェフの為の
コンサルティングも行い、
“短時間のセットアップで効果が出る方法”を伝えている。

今でもお店に立ちながらも、
飲食店のサポート活動を行っているのは、
今はもうない幼少期の頃に通っていた
お好み焼き屋さんのおばちゃんがとても優しくて、
よく声を掛けてもらっていたので今でも忘れられず、
「もし今もあのお好み焼き屋さんがあれば、友人を連れていったはず」と思っているから。

『末永く、その街の人々のお店であり続ける』

こういった事も個人店の役割のひとつと考え、
そういったお店をひとつでも残し、
増やす事が、

あのお好み焼き屋さんの
おばちゃんへの恩返しになるだろうと思う。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 客単価を上げるには選択基準を変える

  • 無知は罪。知らなかったでは済まされない。

  • 終了メニューでも、したたかに稼ぐ方法

  • メルカリ初出品で売れました。

関連記事

  • ウーバーイーツ(Uber Eats)価格マジックでプロモーション活用

  • 売れ筋が470円アップしたハンバーグ

  • 小さなお店の強みを生かせ!

  • コロナでも宴会予約を獲得しています!

  • 1つのお願いでネット検索1位も目指せます

  • 店頭に「テイクアウト」張り紙が氾濫!どう差別化する?