1. TOP
  2. 飲食店の写真活用法
  3. 【飲食店必見】瞬時に売れる!?料理写真の一発ほっかほか加工

【飲食店必見】瞬時に売れる!?料理写真の一発ほっかほか加工

 2019/06/30 飲食店の写真活用法
この記事は約 4 分で読めます。 483 Views

おはようございます。岩崎です。

店舗の集客や販促物に料理の写真はもはや必要不可欠ですね。いくら「ウマいラーメン」と言っても写真の有無で、その伝わり方は大きく変わってきます。

美味しそうに見せるポイントとしてシズル感があります。シズルとはもともとお肉がジュージュー焼ける音をたてる意味の英語で、そこから転じて、消費者の感覚を刺激して食欲や購買意欲を喚起する手法を意味する語になりました。

つまり、広い意味で「美味しそう」と思える感じある写真ということですが、「美味しそう」と思えるひとつに“アツアツ”“ホカホカ”があります。このシズル感はズバリ「湯気」です。湯気が有無でその写真を見たお客様が瞬時に「美味しそう」つまり「食べたい」「注文しよう」となるのです。

そこで、一瞬で出来立てアツアツ感を演出する無料アプリ「THE STEAMER(ザ・スチーマー)」を紹介します。ただ、このアプリはiPhpneでしか利用できませんのでご了承ください。

 

実際に使ってみて

 

僕のお店ではステーキも扱っているので、焼いているステーキに湯気を加えてみました。

 

ステーキ加工前

ステーキ加工後

 

湯気が加わった途端に焼けている音が聞こえてきそうではありませんか?

 

ラーメンではどうでしょう?

ラーメン加工前

ラーメン加工後

 

湯気が加わった途端にアツアツのラーメンに感じませんか?

つまり、写真に温度を加えているのです。寒い日にはつい温かいものは食べたくなりますよね。

このラーメンの湯気には2つの湯気を加えています。

 

ラーメン湯気1

ラーメン湯気2

 

複数の湯気を組み合わせることでより複雑な湯気を作りだすことができ、本物のに近付けることができるのです。

 

加工する際のポイント

 

①湯気を加えた後に拡大すると、湯気のドット(ギザギザ)が見えやすいので、使用するサイズにしてから湯気加工をし、その後の拡大はしない。

②スライドで湯気の色の濃さを調節できるのですが、濃いと偽物っぽくなるので、薄すめにする

③色の濃い背景にしておく。背景の色が薄いと湯気が見えない。

④特にインクジェット印刷ですと、スマホ画面で見ている時より湯気が薄くなるので、何回か印刷を試しながら湯気の濃さを調節してください。

 

 

実は多くのプロカメラマンも撮影後に加工をしているのです。僕たちはプロではないので、高価で操作も複雑なソフトは使えません。だからと言って普通に撮影した写真ではいくら美味しい料理であっても来店や注文にどうしてもつながりにくいのです。

今では無料アプリでもなかなかの加工ができてしまいます。そういった物を活用しながら、少しでも多くのお客様にあなたの美味しい料理を召し上がってもらいましょう。

 

アプリはコチラから

 

https://apps.apple.com/jp/app/the-steamer/id1202512971

あるいは、App Storeより「スチーマー」と検索すると出てくるはずです。

The Steamerイメージ

※アプリ情報は掲載時のものです。
※アプリの使用は自己責任でお願いします。

\ SNSでシェアしよう! /

集客写真アドバイザーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客写真アドバイザーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

岩崎靖史

岩崎靖史

・写真集客アドバイザー
・インパクトマーケティング実践会主宰

お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼きのお店を経営中。
駅から徒歩30分と、
恵まれた環境とは言えない中、
1店舗の経営にも関わらず、
年商5,500万円超え、
収入も3年で当初の3倍以上に。

その一方で
飲食店主・オーナーシェフの為の
コンサルティングも行い、
“短時間のセットアップで効果が出る方法”を伝えている。

今でもお店に立ちながらも、
飲食店のサポート活動を行っているのは、
今はもうない幼少期の頃に通っていた
お好み焼き屋さんのおばちゃんがとても優しくて、
よく声を掛けてもらっていたので今でも忘れられず、
「もし今もあのお好み焼き屋さんがあれば、友人を連れていったはず」と思っているから。

『末永く、その街の人々のお店であり続ける』

こういった事も個人店の役割のひとつと考え、
そういったお店をひとつでも残し、
増やす事が、

あのお好み焼き屋さんの
おばちゃんへの恩返しになるだろうと思う。

この人が書いた記事  記事一覧

  • GoToEatの今、チラシに載せるべきこと

  • 飲食店の集客用「いいキッカケ」20連発!

  • ネガティブ経営者が密かにやっている3つのこと

  • 客単価を上げるには選択基準を変える

関連記事

  • 潜在意識に訴える写真は売れる

  • 実力がメキメキ伸びるコツ

  • 【飲食業必見】写真に価値を持たせる

  • 【飲食店必見】写真による独自化戦略

  • お客様を悩殺せよ!!

  • 売れないお弁当の3つの理由