1. TOP
  2. 儲かる成長戦略
  3. 費用0→86万円の売上!なぜ、やらないの?

費用0→86万円の売上!なぜ、やらないの?

儲かる成長戦略 飲食店主の実体験
この記事は約 4 分で読めます。 389 Views

おはようございます。

岩崎です。

 

何回かネット集客をするなら、

グーグルマップですよ!と

お伝えしていました。

 

 

なぜかと言えば、

僕のお店でも効果があるからです。

 

先日、40歳代のご夫婦と小学生と中学生の家族が

電話で予約をされてから来店されました。

 

「今日、初めて来ました」とおっしゃっていたので、

「何かをご覧になられてきたのですか?」と伺ったら、

 

「うちの子がお好み焼きを食べたいって言ってきたので、スマホで「近くのお好み焼き屋さん」って…」

「駐車場があるって書いてあったので、じゃあ行こうってなったんです」

 

このお客様は隣の駅にお住まいでした。

 

 

 

同じ日に

アメリカ人っぽい若い外国人男性が二人で

来店されました。

 

僕のお店には外国人の方もたまに来店されるのですが、

そのほとんどが日本人と一緒か、

少しは日本語が喋れる方なのですが、

今回の方はほとんど日本語が喋れませんでした

 

英語が苦手な僕はですが、

英単語とジャスチャーで

お好み焼きの焼き方を説明してしたら

仲良くなれたので、

思い切って僕のスマホの画面を見せました。

 

そこには

「このお店を何で知りましたか?」「英語」で検索した画面です。

 

その若い外国人のお客様も

見て、すぐにわかってくれたようで、

元気な声で「Google map!」と言って

自分のスマホを取り出して、

「コレだよ」って言っている風に、

スマホのグーグルマップ画面を見せてくれました。

 

他にも何か言っていたのですが、

残念ながら僕には理解できなかったので、

笑顔で「サンキュー」って感じです(笑)

 

 

こうやって、グーグルマップによって

一駅隣のように少し離れた所のお客様や

外国人のお客様でも集客できます。

 

どちらも

スマホで検索し、

表示されたグーグルマップ上に

お店が表示されたからこそ、

来てくれたのです。

 

 

 

表示される回数が多ければ多いほど

おのずと、来店も増えるのです。

 

僕のお店では表示回数が前年同月に比べ、

177%、回数でなんと5,000回以上のアップにつながり、

14,000回を超えさらに伸び続けています。

 

表示回数が増えるということは、そこからの

 

  • 電話での予約や問い合わせ
  • お店に向かう為の経路案内
  • ホームページへの誘導

 

と、いったお客様の来店につながるアクションも比例して増えるのです。

 

僕のお店の場合ですと、

表示回数に比例して上記3つアクションが、

150回が270回に180%のアップになったのです。

 

仮に、そのうちの3分の1が来店していると考えると、

90組が来店につながったと言えます。

 

僕のお店では1組あたり平均2.9名ですので、

それにディナー平均客単価3,300円を掛けると、

90×2.9×3,300=861,300円につながったことになるのです。

 

無料のグーグルサービスで86万円ですよ。

※グーグルマイビジネスに付随させ、ホームページやLINE@など一部の有料サービスを利用しています。

 

 

僕と一緒にグーグルマップ集客に取り組みませんか?

https://impactphotopmarketing.com/lp/meo-shukyaku/

 

 

あなたのお店が末永く愛されながら

堅実に経営できるよう

応援しています。

 

岩崎

\ SNSでシェアしよう! /

集客写真アドバイザーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

集客写真アドバイザーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

岩崎靖史

岩崎靖史

・写真集客アドバイザー
・インパクトマーケティング実践会主宰

お好み焼き・もんじゃ・鉄板焼きのお店を経営中。
駅から徒歩30分と、
恵まれた環境とは言えない中、
1店舗の経営にも関わらず、
年商5,500万円超え、
収入も3年で当初の3倍以上に。

その一方で
飲食店主・オーナーシェフの為の
コンサルティングも行い、
“短時間のセットアップで効果が出る方法”を伝えている。

今でもお店に立ちながらも、
飲食店のサポート活動を行っているのは、
今はもうない幼少期の頃に通っていた
お好み焼き屋さんのおばちゃんがとても優しくて、
よく声を掛けてもらっていたので今でも忘れられず、
「もし今もあのお好み焼き屋さんがあれば、友人を連れていったはず」と思っているから。

『末永く、その街の人々のお店であり続ける』

こういった事も個人店の役割のひとつと考え、
そういったお店をひとつでも残し、
増やす事が、

あのお好み焼き屋さんの
おばちゃんへの恩返しになるだろうと思う。

この人が書いた記事  記事一覧

  • GoToEatの今、チラシに載せるべきこと

  • 飲食店の集客用「いいキッカケ」20連発!

  • ネガティブ経営者が密かにやっている3つのこと

  • 客単価を上げるには選択基準を変える

関連記事

  • チラシをやる前に準備すること

  • 利益と時間の増やし方

  • 写真で楽しく儲ける

  • 【コロナ対策】小さな飲食店が通信販売を始めるには?

  • 1つのお願いでネット検索1位も目指せます

  • 飲食店がGoToキャンペーンを活用するには